競馬必勝法・競馬投資必勝の法則
<< オッズ分析のやり方 | main | 皐月賞2013必勝馬券を検証 >>

パドック動画の見方を解説

競馬パドック動画がYouTubeにアップされるようになりましたので、解説を試みます。

ところで、今あなたは、
「パドックを見なくても勝てる競馬必勝法を作りたい」と、思いませんでしたか?

そんなあなたは→パドックの見方の最初の5行を読んでみてください。


 映像を通して得られるパドック情報は主に3つ

1.馬体…全体の作りはどうか?腹目から脾腹にかけて太め緩めは?トモの張りは?

2.歩様…踏み込みの深さは?柔軟か?を、前肢・首&後肢と見なければ行けません。

3.気配…走る気満々か?入れ込んでいるか?

※トモの張りは映像の映り方によって確認できない場合もあります。
※現場(競馬場)なら、皮膚の薄さ⇒馬体の内からみなぎるパワーも感じる事ができるので、現場に行ける環境にある方は、パドックを生で見る事をおススメします。


第一歩 絶好調馬を目に焼き付けよう!

骨董品の目利きになるには「本物を多く見ろ」と良く言われいるように…
馬を見方を養う第一歩は、本物=絶好調馬の馬体・歩様を覚えることから始めましょう。

★フェブラリーステークスのパドック動画 絶好調馬は勝った2番グレープブランデー


解説)
1着2番グレープブランデー 前走より更に馬体に張りが出る。歩様は絶好調馬の好例。
2着6番エスポワールシチー ここ2走より張りが良くなり走る気もアップ
3着10番ワンダーアキュート 3走連続で勝負に出ておりデキ落ちを心配しましたが、張りもあり且つ柔らかい歩様をしており、好調を維持。

その他
4番ナムラタイタン 前走より踏み込みも浅く、気配も落ちる。※参考レースで確認を
12番ダノンカモン 前走より明らかに仕上がるも、この馬としてはまだ9分程度か。元来、好走時はパドックで誰が見ても判るほどの凄味のある馬体&動きを見せる馬。
14番テスタマッタ 前走よりは絞れるも、昨年のデキまでは?。踏み込みがまだ浅く、首差しの動きもやや堅く見えた。

参考レース) 東海ステークスのパドック動画
9番ナムラタイタン16番グレープブランデーの動きを、フェブラリーと比べて見てください。


縦の比較をする為に…

参考レース) 2012年フェブラリーステークス



★朝日杯フューチュリティSのパドック動画 絶好調馬は勝ち馬14番ロゴタイプ
5番コディーノも絶好調の馬体&歩様ですが、気合の面で気負いが見られます。



★中山金杯2013 10番ダイワマッジョーレが絶好調馬の歩様。
勝ち馬6番タッチミーノットも、休み明けとしては完璧な仕上がり。


解説)
1着タッチミーノット 絶好の歩様。腹目&トモの充実の点で絶好調に今一歩も、休み明けとしてはこれで満点でしょう。
2着アドマイヤタイシ 張り&歩様も柔らかく好調馬と判断できる。
3着ジャスタウェイ やや細めの馬体。首も高く集中力に欠け踏み込みの浅さも見られる。


★京都金杯のパドック動画 1番ダノンシャークの馬体の張りに注目


解説)
1着ダノンシャーク 馬体の張りと腹目&トモの充実が絶好調馬のそれです。
2着トライアンフマーチ 前走のような気負いも無く、馬体も絞れデキは上がっているも、まだ一皮厚い。


★京都記念2013のパドック動画 勝った10番トーセンラーに注目


解説)
1着トーセンラー 休む前より馬体がひと回り大きくなり充実している上に、非常に柔軟な歩様。
2着ベールドインパクト 腹目からトモにかけて少し緩い。走る気合はあり。
3着ショウナンマイティ 細目の馬体で走っていた馬だけに、一皮厚い。歩様は柔軟で調教が軽い割に好仕上がり。
4着ビートブラック 前走の有馬記念より走れる馬体で走る気も出て来たが、まだ一皮厚い。


★産経大阪杯2012 勝った11番ショウナンマイティが絶好調馬


解説)
1着ショウナンマイティ 休み明け2戦目で馬体に張りが出て、歩様の柔らかさも目立つ。
2着フェデラリスト 4連勝後も歩様の柔らかさを失わず。ただピークを過ぎたか?気負いが出始めている。
3着トーセンジョーダン いかにも休み明けの馬体も、萎んでおらず。走る気もあり。
5着ナカヤマナイト 休み明けにしては筋肉が落ちた細い仕上がり。



おつかれ様です。

最後までお付き合い下さったあなたに。
私がパドック映像を見る上で、いつも心に留めている事を列挙しておきます。

・犬より猫の歩様=柔軟な動き
・バスケットボールよりサッカーボール、サッカーボールよりゴム風船=腹目の充実&薄さ
・テレビ画像を通しても腹目の充実&薄さを確認できた馬は、絶好調。※ダノンシャーク
・イレ込みか?はたまた気合が乗っているかの判断には、細心の注意を。
・最後にもう一度、動きに活気、走る気力があるかを確認する。
・仕上がり不足でも、走る気力のある馬を簡単に切ってはいけない。
・パドックで切れるのは、能力不足で且つ仕上がり不足と、明らかに走る気力の欠ける馬。
・無条件に軸馬にして良いのは、能力均衡レースの絶好調馬だけ。

・2走ボケを判別できない馬あり。(好調に見えても2走ボケする馬あり)
・ダートはコズミ気味の(歩様の堅い)馬でも走ってしまう時あり。
・馬の個性として、一見太目に見える(腹袋のある)馬や、いつも気配の薄い馬あり。
・前走のデキ、好走した時のデキと比較できてこそ、正しい判断ができる。

歩様の柔らかさ、腹目の充実度合いを言葉で伝えるのは難しいので、抽象的な表現にしてみました。微妙なニュアンスをくみ取ってもらえれば嬉しいのですが?


一朝一夕でパドックの見方を会得する事はできません。

私は東京在住のおり、ほぼ毎日1年間、中央競馬と地方競馬のパドックに通い詰めました。
そうして半年が過ぎた頃、やっと馬の体内から発するパワーを感じ取れるようになりました。

その後の顛末は、私の投資競馬履歴に記載した通りです。

今はJRAレーシングビュアー会員になれば、
過去のパドック動画を1Rから見る事ができるようになりました。

私のような苦労をしなくて見方を会得できる環境が整っています。

見続けていれば必ず判るように成るので、あきらめないで下さい。

「あきらめない事が、必勝の法則」


コメント
パドック相馬眼について、コメント投稿ありがとうございます。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3010
ひとえにK馬を長年(=40年)やってますと、知恵付いてもケースバイケースで、パドック相馬眼では、懐具合と心の余裕に左右されます。
お互いに頑張りましょう!
宜しければ・・
http://blogs.yahoo.co.jp/donquiyo/folder/965148.html
も、どうぞ宜しくお願いします。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
人気のテーマ
WIN5予想モデル
ワイド馬券必勝法データ
競馬パドックの見方
軸馬の決め方
投資リスク管理術
休み明け馬の分析結果
万馬券出現確率の検証
重賞レースのオッズ分析
単勝人気別の統計
穴馬の見つけ方

Twitterボタン
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
recommend
京大式 推定3ハロン 〜「4角先頭馬」と「上がり最速馬」が見抜ければ競馬は勝てる!!〜 (競馬王新書)
京大式 推定3ハロン 〜「4角先頭馬」と「上がり最速馬」が見抜ければ競馬は勝てる!!〜 (競馬王新書) (JUGEMレビュー »)
久保 和功
クラス&コース別に推定3ハロン上位馬を出している点は、私の理論にも通じます。
recommend
現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書)
現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書) (JUGEMレビュー »)
東大ホースメンクラブ
予想に行き詰った時に読んで、解決のヒントが浮かびました。
recommend
recommend
search this site.
others
mobile
qrcode
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM