現実に競馬で回収率100%以上をマークしている人の購入法を検証


複利の力で利益を増やす購入法3年間で1億4000万円ほどの実利益を出して、所得税法違反で起訴されたと記事になったサラリーマン氏による競馬必勝の購入法とは…

「最初の投資金額は100万円。それを新馬戦と障害レースを除いたほぼ全レースで馬券を買っていました。その買い方も、レースによって1レースで何十通りから何百通りまで、単勝から三連単までいろいろな馬券を組み合わせて購入。結果的に、100通り賭けてそのうちの2つくらいが当たると、当たり馬券の配当倍率によって、最終的には全体の投資金額より多く帰ってくるという買い方だったんです」(弁護士:中村和洋氏の談)

過去の成績(人気&着順、走破タイム、脚質、騎手、厩舎など)をソフトを使って分析し、オッズと比較して期待値の高い目を買い続ける予想法ですね。

投資機会が多い事から…
的中率が低くても想定回収率の高い目を機械的に買う購入法でしょう。数多くのレースに投資する事で、予定の確率(回収率)に早く収束できるようにしている点が、この購入法の長所と言えそうです。

★トータルの回収率が105%程度でも、
投資回数が多ければ複利の威力で実利益を増やせる好例。



不要馬を削除して残った目をオッズで資金配分する法則160億円を荒稼ぎして国外に逃亡した競馬プログラムによる購入法

(締切直前のオッズで多くの3連単目を資金配分しなければいけない購入法である為に、複数の外国人でグループ買いをしていたと噂になっていました)

「3着までに入らない『はずれ馬』を除外したうえで、残りのほとんどの組み合わせの3連単馬券を買う手法だったため、資金力のない一般のファンには真似のできないやり方」

3着までに入らない馬を削除できる法則
これを研究するだけでも、競馬必勝法に辿りつけるって事でしょうか。

★オッズに応じて購入資金を配分し、
どの目で的中しても利益を出せるようにしている好例。※3連単はマルチやフォーメーションで買う場合が多いので、オッズに応じた資金配分をしてない人が多い。よってオッズの歪を突いた資金配分をするだけでも利益を出せる。


オリジナル予想に価値ある情報を取り入れて飛躍ネットで見つけた某サラリーマンの購入法(予想法)

理論・手法の合わせ技で回収率100%の壁を超えた!試みとは…

前走人気から極端に人気が落ちた馬を買う方法。みんなが一時は評価した馬は、どこか1つでも良い所があったから人気になったわけです。そういう認められた馬なら穴をあける確率も高いだろうという考えを基に…そういった馬を自分で考えた条件分岐でふるいにかけ、適性のあるレースに出走した時に買っていくのが基本手法。あるレースで1頭だけなら単複、2頭いるなら馬単やワイドみたいな感じで買っていく。この方法で4年間の回収率は90%ほど。ここからの壁が厚くて、なかなか100%を突破することができない。何か足りない! そこで、信頼できる予想サイトの情報で補強してみようと思いついた。他の情報との組み合わせでこう上手くいくものなのか!?検証してみないとハッキリしたことは分からないが、ざっと3年間で6300万ほどの資産をつくることができた。

一個人の能力には限界がある。

★自分で考えた予想法と『相性の良い有益情報・データを見つける』ことができれば、必勝の購入法になる好例。

さて、あなたの予想法と競馬予想ソフトの能力表との相性はいかに?

相性が良い有益情報なら幸いです。