あなたに問題です。

A 的中率10% 回収率160% 投資機会:月150回
B 的中率20% 回収率150% 投資機会:月70回
C 的中率30% 回収率150% 投資機会:月45回
D 的中率40% 回収率140% 投資機会:月30回
E 的中率50% 回収率140% 投資機会:月25回

この中で最も優れた競馬必勝法は、どれでしょう?
または、あなたが最も欲しい必勝法は、どれでしょう?

答えを考え迷っている人

私が実施したアンケートの結果は…
E>C>D=A>Bの順でした。

おそらくあなたも、まずはEかCを選ぶと思いますが、どうでしょう。

私も以前なら、Eを選んでいました。

でも正解は ↓


その前に、もうお気づきだと思いますが、
月当たりの投資機会が、的中率によって違っていますね。

これは何を意味するかと言うと…

どれだけの投資機会があれば、想定の回収率に収束するかを表した数字です。
的中率10%なら、月に150回
的中率30%なら、月に45回
的中率50%なら、月に25回

これだけあれば、ほぼ2か月(悪くても3か月)で想定の回収率に収束します。
※競馬は季節や天候により偏った結果に成り易い統計モデル。
※投資を実践される場合は、最悪3か月で収束する資金計画を立てましょう。

以上から、
A〜Eの競馬必勝法は、的中率に関わらず「同じ期間で想定の回収率に収束」する。

ゆえに答えは ↓
A>B=C>D=E


【ここまでの要点】
的中率の高い競馬必勝法が優れているとは限らない!

※的中率50%でも、月に25回程度の投資機会しか無ければ、
想定の回収率になるまでに2か月かかる。
※的中率10%でも、月に150回程度の投資機会があれば、
競馬必勝法に成り得る。


さあ〜ここからが本題です。

的中率50%で回収率150%と、的中率10%で回収率150%
見つけ易い競馬必勝法はどっちでしょうか?

やはり、的中率10%のほうですね。

残された問題は、投資機会。
いかに多くの投資機会を得るか!でしょう。

月に150回
競馬開催が月8回なら、1日当たり19回前後(単勝馬券なら19頭分)

結構多いと感じる事でしょう。
ここまで投資機会を作るのは、難しい事ですから。

的中率10% 月150回の投資機会を作る。

単独で作れるのは…
競馬予想ソフトの単撃ロボを使った方法ぐらいしか、私も浮かびません。

でも待てよ!?

合わせ技で一本と言う手がありますね〜

的中率10%で月50回、40回、30回、30回
4つの必勝法を合わせて150回の投資機会を作れば良い。

もっと手っ取り早い方法なら、
的中率10%の単勝馬、その馬を軸に的中率10%の馬連・ワイド・3連複。

これなら、的中率10%で月40回ある単勝投資馬を見つけるだけで良い。
※40×4=160回の機会を得る事になる。

競馬開催が月8回なら、1日当たり5回→5頭→5レース
※1レースで2頭出れば、さらにレース数は減る。


最後に一言)
「毎月プラス収支を出したい」欲張りなあなたへ(笑)

月に400回の投資機会を作ってください。
競馬開催が月8回なら、1日当たり50回(単勝馬券なら50頭分)も馬券を買わなくては行けませんが。

それでも手っ取り早い方法を使えば、実践も可能でしょう♪

★ご注意
的中率10%で競馬必勝法と呼べるには、
回収率120%で検証データが2600レース、回収率130%で1400レース、回収率140%で900レースほど必要です。この前提を忘れないように。