競馬を投資と考え探究していると、たどりつくがバルサラの破産確率表!

インターネット上で一般に出回っている表は株・FXなどのデイトレード用であり、
不確定要素の多い(ギャンブル性の高い)競馬には使えない代物です。

コレ ↓
バルサラの破産確率表【リスクにさらす資本比率10.0%】
  ※勝率はご自身の平均的中率
  ※ペイオフレシオは平均利益÷平均損失のこと。この式を競馬で言えば…
  ※利益(配当−投資額=オッズ−1)÷損失(1)=オッズ−1

あなたは持ち金の10.0%で馬券を買い続けて、破産しない自信がありますか?

私にはありません。

上の表を見てください。
★1.5倍(ペイオフレシオ0.5)を的中率70%の確率で当てられる予想力
  ↓
1.5倍の複勝(単勝3.4倍馬の複勝)を70%の確率で当て続ける感覚を持ってしても…

10レース投資を続ければ、全体の12.80%の人が破産する。
  ↓
100レース続ければ、全体の74.58%の人が破産する。
200レース続ければ、全体の93.54%の人が破産する。


★単勝5倍(ペイオフ4)の馬を的中率30%の確率で当てられる必勝法を持ってしても…
  ↓
10レース投資を続ければ、全体の10.20%の人が・・・
100レース続ければ、全体の65.90%の人が・・・
300レース続ければ、全体の96.03%の人が破産する。
  ・
  ・
馬券を1日3レース買い続けたら1年で約300レース
ほとんどの人が有り金を、1年でJRAに根こそぎ巻き上げられる(笑)

必勝法を持ってしても資金比率10%では、とても怖くて続けられません!


デイトレードの世界では、バルサラの破産確率を1%未満に抑えるが望ましいとされてますが、競馬の世界は想像以上にリスキーで、起こりうる現象も偏り易い。

やはり「システムトーレド基本と原則」で推奨されているように、
0.5%未満に抑えるのが賢い選択でしょう。

上の表なら、的中率50%はペイオフレシオ3で0.20%
∴ 想定的中率50%でオッズ4倍以上なら、資金の10%で購入しても良い。

ちなみに的中率40%だと、1000倍でも破産確率は0.61%と0.5%以上あり、
的中率30%だと、破産確率は2.83%もあります。

それでは的中率10、20、30、40%の競馬必勝法だと…

リスクにさらす資金の割合は、いったいどの程度で良いのでしょうか?

それを検証したのが以下の表になります。
  ↓
競馬で則使えるよう、ペイオフレシオはオッズに置き換えてあります。

★リスク資金比率5.0%(総資金20分割)の計算表
バルサラの破産確率表【リスク資金比率5%】の表
【的中率】
 25%なら 12倍(正確には10.1倍)
 30%なら 6倍(〃 5.7倍)
 35%なら 5倍(〃 4.2倍)
 40%なら 4倍(〃 3.3倍)
 45%なら 3倍(〃 2.8倍)
 50%なら 2.5倍(〃 2.4倍)以上の馬券を狙うこと。
 ※的中率5,10,15,20%の必勝法では20分割してもダメ!

 この数字を感覚的にとらえるなら…
 
 単勝6倍馬の単勝馬券を30%の確率で的中させる。
 ※単勝1番人気に消しサインが出ているレースなら可能でしょう。

 馬連6倍の馬券を30%の確率で的中させる。
 ※堅軸馬から相手3番人気(2番人気に消しサイン)。
 ※レースが絞られるので、投資機会は少ないでしょう。

 ワイド6倍の馬券を30%の確率で的中させる。
 ※単勝1番人気から相手5〜6番人気の馬で可能。
 (5〜6番人気の複勝1点を48%当てられる予想力が求められる)

 複勝4倍馬の複勝馬券を40%の確率で的中させる。
 ※6〜7番人気の複勝1点を40%当てられる予想力が求められる。

 想像以上に高いレベルの予想力が必要だと、判って頂けると思います。 


★リスク資金比率3.3%(総資金30分割)の計算表
バルサラの破産確率表【リスク資金比率3.3%】の表
【的中率】
 20%なら 10倍(正確には9.3倍)
 25%なら 6倍(〃 5.9倍)
 30%なら 5倍(〃 4.4倍)
 35%なら 4倍(〃 3.6倍)
 40%なら 3倍(〃 3.0倍)
 45%なら 3倍(〃 2.6倍)
 50%なら 2.5倍(〃 2.3倍)以上の馬券を狙いこと。

 この数字を感覚的にとらえると…

 単勝6倍馬の単勝馬券を25%の確率で的中させる。
 ※3番人気の単勝を25%当てられる予想力が求められる。

 複勝4倍馬の複勝馬券を35%の確率で的中させる。
 ※6〜7番人気の複勝1点を35%当てられる予想力が求められる。

 やっとこの辺から、実現可能なレベルになって来ましたね〜


★リスク資金比率2.0%(50分割)の計算表
バルサラの破産確率表【リスク資金比率2%】の表
【的中率】
 15%なら 12倍(正確には10.5倍)
 20%なら 7倍(〃 6.6倍)
 25%なら 5倍(〃 4.9倍)
 30%なら 4倍(〃 3.9倍)
 35%なら 4倍(〃 3.2倍)
 40%なら 3倍(〃 2.8倍)
 45%なら 2.5倍(〃 2.4倍)
 50%なら 2.5倍(〃 2.2倍)の馬券を狙うこと。

ワンポイント)
的中率40%以上になるとオッズが0.1〜0.2倍下がるだけで…
破産確率は一気に5%以上になりますので、オッズに余裕を持っての投資を心掛けましょう。


★リスク資金比率1.0%(100分割)の計算表
バルサラの破産確率【リスク資金比率1%】の表
【的中率】
 10%なら 15倍(正確には13.7倍)
 15%なら 8倍(〃 8.0倍)
 20%なら 6倍(〃 5.7倍)
 25%なら 5倍(〃 4.4倍)
 30%なら 4倍(〃 3.6倍)
 35%なら 4倍(〃 3.1倍)
 40%なら 3倍(〃 2.7倍)
 45%なら 2.5倍(〃 2.3倍)
 50%なら 2.5倍(〃 2.1倍)以上の馬券を狙うこと。

ワンポイント)
先の記載以上にオッズ低下にはご注意ください。
45%だと、2.3倍→2.2倍になるだけで破産確率は100%に。50%も2.1倍→2.0倍で99.92%になるので、余裕を持って2.5倍以上での投資を心掛けましょう。

また的中率5%の必勝法を実践されるなら…
リスク資金比率0.8%(125分割) ⇒ 42倍以上
リスク資金比率0.67%(150分割) ⇒ 34倍以上
リスク資金比率0.5%(200分割) ⇒ 28倍以上の馬券なら狙っても大丈夫です。


★★競馬投資戦略の考察★★

想定的中率とオッズはレースによって違う。
破産確率0.5%未満で投資を行う際に ↓

想定的中率40%でオッズが3.5倍なら、総資金の何%を投資すれば良いのか?
想定的中率30%でオッズが7倍なら、総資金の何%を投資すれば良いのか?
想定的中率20%でオッズが15倍なら、総資金の何%を…
想定的中率10%でオッズが50倍なら、総資金の何%を…

上から順に想定期待値は1.4 2.1 3.0 5.0となります。

戦略を立てて無いと恐らく、
想定的中率10%の馬券に多くを賭けたくなることでしょう。

こんな時こそバルサラの破産確率計算式を使うと、
正確なパーセンテージを出せます。

その結果 ↓
30%≧40%>20%>10%の順になり、
購入額は総資金の5.8%、5.7%… …とするのが正解だと判ります。

想定的中率30%でオッズが△△倍なら、総資金の●.○%で購入。
想定的中率25%でオッズが○○倍なら、総資金の▲.△%で購入。

これらが一目で判る資金比率表があれば、資金配分を迷わなくて済みます。

私は資金比率表を見るようになってから、自身の回収率が上がりました。

※資金比率表は近日公開予定のソフト指数【能力表】マニュアル2016年版にて提供しますので、非公開とさせて頂きます。
※前回の提供内容はこちら→ソフト指数【能力表】マニュアル


私の投資履歴)
以前の私は予想力は確実に上がっているのに、
競馬必勝法も持っているのに…
実利が伴わないという現状に数年悩まされていました。

その頃は、その日のふところ具合で、
その日の気分で、勘で購入額を決めていましたから。

今思うと、破産確率10%を超すような賭け方を平気でやっていました。

そんな事を続けていると、勝てないのは当たり前。
買う馬券が同じでも、賭ける額を間違えると勝てない。

そんなことは判っていましたが、
以前はどうすれば良いのか判らなかったので、投資戦略を避けて…
予想力の向上だけを追い求めていました。

それでも何とか年間回収率を110%程度には持って行けましたが、
これが限界でした。

ちょうどその頃です。
グリーチャンネルで競馬中継が始まったのが。

私には「競馬は勝てるギャンブルなのに、それを証明していない」
モヤモヤが、いつも胸の内にありました。

よし、これを契機にもう一度、競馬を研究してやるぞ!

そこで初心に返り過去の自分を見つめ直しました。

その結果、自分の意志の弱さが原因で、
肝心の勝負所で、賭ける額を間違えていたとハッキリ確信できました。

ここからです。
投資戦略を本気で突き詰めようと思ったのは。

その後、勤めていた会社の労働争議に巻き込まれて退職。
これを契機に馬券生活者の道を歩むことを決意。

当時の顛末記をこちらで公開→私の投資競馬履歴

現在も競馬という魔物に負けないよう〜
検証・実践に取り組む日々をあきもせず送っております。ムード