馬券裁判「本人」が初めて明かす…競馬本が異常な売れ行き。

みなさん考えることは同じで(笑)
1億5000万円儲けた予想法とは?
卍氏の馬券術を知りたい。
卍馬券の買い方(買い目)を知りたい。
馬王のカスタマイズ方法を見習いたい。
等々…

私も資金100万円を「回収率104.5%程度の実績」で、
どうやって1億5807万円もの利益を残せたのか解明したく予約購入。

掲載されている金額式(資金配分)・成績・データを分析検証しました。

馬券裁判本は、通り一遍に読めばネットに蔓延しているレビュー通りで…
やはり馬券術の詳細は書かれていなかった。
裁判の顛末・儲けた過程・成績を書きつづっただけの物語。
データ配信JRDB、予想ソフト馬王の宣伝?
資金配分(式)は参考になるが、そのほかは既存の競馬本に掲載されている内容と大差なし。

おそらく大半の競馬ファンは一通り読んで終わり。
ブックオフ行きになることでしょう(笑)

人の行く裏に道あり花の山


【馬券裁判卍本を深読みレビュー】

ページを追って解説して行きます。
P15 初心者の方は必読(肝に銘じましょう)
P21〜46 外れ馬券裁判に興味の無い方は読み飛ばしてOK
P62 過去の遺物。最近はもっと○○の悪い馬が好走(参照P107)
P64 「的中率は無視します」⇒的中率の低い穴馬狙いの馬券術だと示唆。
P66 表の回収率の違いに注目(スピード指数の欠点を補うヒントに)
※予想ファクター数はあくまで卍氏オリジナルで、ここを真似したところで二番煎じ。

P72 回収率104.5%程度で儲けられた理由は、この金額式にあり。であるが…
この式をまんま使っての投資は破産の危険あり(P89解説に検証データを掲載)

P79 金額式と合わない購入金額があるが ↓
これはP158「自分の投票によるオッズ…投票金額に上限を設定」にて解決。

P89 券種別収支の表
この表には平均購入点数、的中率などの記載がありません。
なぜでしょう?

この表を分析・検証すると、卍馬券術の全容が見えて来ました。
 
券種 平均購入点数 レース的中率 平均的中配当 破産確率
単勝 1.33 8.79 1,470円 100%
複勝 1.26 18.57 700円 100%
馬連 4.45 5.25 8,910円 22.28%
ワイド 3.59 14.44 2,520円 100%
馬単 9.44 5.53 17,600円 100%
三連複 17.11 6.00 30,720円 1.36%
三連単 89.38 5.10 196,110円 0.5%未満

解説)
レース的中率の低さ平均的中配当から、かなりの穴狙いであるのは明白。

単勝・複勝・ワイド・馬単の4券種は本の金額式で投資をすると確実に破産する。
これが原因で、口座残高が最高残高の10分の1にまで減る破産危機に陥ったのですが、最も多く購入されていた三連複と、2番目に多い馬連が破産確率の低い券種だったのが幸いして、破産を免れています。


また的中率の低い券種で回収率が高くなっている理由は
馬券裁判本の金額式にあります

この金額式で資金配分した場合の特徴は ↓
的中率が50%ある競馬必勝法で使うなら、破産せず運用できる。
ただし回収期待値の高い目には過少投資になるので、資産増加に時間を要す。

的中率が20%を切る競馬必勝法で使うなら、ハイリスク・ハイリターンとなる。

具体例を挙げると >>

 
的中率50%なら 2.1倍(回収率105%)の単勝購入で破産確率は0.17%
的中率40%なら 2.6倍(回収率104%) 〃 〃 5.85%
的中率30%なら 3.5倍(回収率105%) 〃 〃 3.13%
的中率20%なら 5.2倍(回収率104%) 〃 〃 32.29%
的中率10%なら 10.5倍(回収率105%) 〃 〃 16.57%
的中率5%なら 21.0倍(回収率105%) 〃 〃 22.61%
的中率3%なら 35.0倍(回収率105%) 〃 〃 25.38%

備考)破産基準:資金100万円が1万円になれば破産とみなしました。
参考)バルサラの破産確率【定額投資の場合】

以上から、この金額式で投資を実行すると…
おのずと的中率の低い高配当の目に加重投資をしたことになります。

その結果、卍氏の馬券術は ↓
買い目1点当たりの的中率が最も低い三連単(0.057%)が最も高い回収率に。
2番目に低い三連複(0.351%)が2番目に高い回収率になっています。

そもそもこの金額式は、卍氏が自身の穴狙い予想に合わせて導き出したものですから、しごく当然の結果とも言えるでしょう。

一言)
馬券裁判を読んで、この金額式を使おうと思っている方へ…
的中率が極端に低く、かつ想定回収率も110%程度と低い必勝法には有効です。

あなたが穴狙いの予想でプラス収支を出せているのであれば、
下手に資金配分をするより均等買いをしましょう。
そのほうがトータルの回収率は高くなります。


更に投資機会&利益とも最も多かった三連複を分析してみましょう〜

購入レース数は年平均2013レース(1日当たり20.1レース)

★新馬・障害を除いた全レースの69.4%を購入したことになります。

推察するに、三連複万馬券率が30%を切るような堅いレースを除き、
残りのレースで全て穴狙いに徹した買い方をしているのでしょう。

参考)馬単で全レースの58.1% 馬連で53.6%


P90 この表を分析・検証することで、予想ファクターの加点(減点)割合を推測可能。
P112 「まずは●●を立て、それから…」は、必勝法構築の基本です。
P113 ○○馬番は加点ファクター

P119 穴馬の発見に有効。
参考情報:競馬のやり方を考察

P123〜126 理想論(多くするほど人気馬が上位に来してしまう)

P133 確かに安定はするが、トータルの回収率は下がる。
★想定的中率を出していれば、こだわる必要無し。
P139 回収率104.5%でも億を儲けられた最大の要因でしょう。
(P145、146でも繰り返し述べてますから)

P142〜144 理想論(卍氏の買い目とは真逆)
身を持って感じていることを述べたくなる心境は理解できますが^^

P162 まさにその通り!


まとめ)
馬券生活の道は2つ

1.卍氏と同じ道
回収率を犠牲に投資レース数を増やし、資金配分はソフトに任せ自動運転する。
(感情を排除した自動運転のできる環境が必要)

2.自身の予想力を駆使する道
投資レースを絞り少しでも的中率・回収率の高いレースで勝負をする。
(想定的中率を意識した資金配分をする必要あり)

1は正直、競馬を楽しめないと感じる人が多いでしょう。
ですが、過去データを分析・検証し必勝法を探す楽しみを味わえます。
デメリットは、同じ事をする人が増えると勝てなくなる可能性と、その恐怖。

2は精神力も問われるいばらの道ですが、競馬ライフを満喫できます。

あなたなら、どちらの道を選択されますか?



私は両方の道を歩みたい(笑)