競馬必勝法・競馬投資必勝の法則
<< スピード指数の限界を突破せん | main |

3連複必勝法は多点数買いにあり

競馬必勝法を探し求めて悟ったことがあります。

「的中率が低くて(10%以下で)良いなら、幾つも存在する」と言う事。

しかし20連敗が普通に起こる予想手法です。
※確実にプラス収支を出すには数百レースも要する。

こんな心臓に悪い手法を必勝法と呼ぶのは、おこがましいと。

また既に的中率20%で、
回収率200%を超えられる予想手法は持っていますが・・・

10連敗が普通に起こるので、満足できません。


私が求めているのは、
的中率50%以上〜 回収率150%以上の競馬必勝法

それも感情や感覚に左右されない機械的な手法!

ここで機械的とは・・・
パドック(当日の馬のデキ)、傾向(馬場・騎手)、不確定要素(出遅れ・展開不利・厩舎思惑)を無視できること



では的中率50%で回収率150%以上とは、どんな馬券を指すのでしょうか?

オッズ3倍以上を1点で的中の馬券(単勝・複勝・ワイド・馬連)
合成オッズ3倍以上を少点数で的中の馬券(単勝・馬連・ワイド・3連複)
合成オッズ3倍以上を多点数で的中の馬券(馬連・3連複・3連単)

この中で機械的な購入に耐え、かつ投資機会も多く取れるのは?

競馬は買い目を絞れば絞るほど・・・
  ↓
  ↓
不確定要素の影響力は増し、逆に投資機会は減るものです。

そうなると、答えはおのずから多点数買い!に行きつきます。

次に多点数買いでプラス収支を得るには、高配当の的中が必要になる。

そうなると、答えはおのずから3連複馬券に行きつきます。
(3連単は購入点数が増え過ぎる)

機械的な購入で的中率50%以上かつ回収率150%以上の競馬必勝法は3連複多点数買いの中にあり


3連複多点数買いで高配当の的中が可能な買い方とは?
高配当(万馬券)は3着以内に ↓
人気薄が2頭以上または超人気薄が1頭以上入ることで成立します。

よって狙い馬を絞る必要のあるボックス買いは、不向き。
機械的に買うのが前提なので、あえて絞らず的中を待つのが正解でしょう。
※確実に切れる馬(競馬ソフト能力表下位3頭)だけ除外


また高配当になるレースは基本「能力が均衡したレース」ですが…
人気馬や能力上位馬の思わぬ凡走によって成立する場合もあります。

よって軸馬を1〜2頭に絞るのは危険!

ただ問題は ↓
軸馬を多くすると、メリットとデメリットが同時に生じること。

メリット:不確定要素の影響を受けにくくなる。
デメリット:買い目点数が急激に増える。

この相反する事象を解決するのが、最も難しいと言えるでしょう〜

私はその答えを⇒3連複フォーメーション買い!に求めました。

これを具現化したのが⇒競馬ソフト必買いロジック【3連複編】


その他)3連複フォーメーション買いのメリット
買い目をそのまま馬連、馬単、3連単に利用できます。
※特に3連単において、1頭目と2頭目を入れ替える事で応用可能

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
人気のテーマ
WIN5予想モデル
ワイド馬券必勝法データ
競馬パドックの見方
軸馬の決め方
投資リスク管理術
休み明け馬の分析結果
万馬券出現確率の検証
重賞レースのオッズ分析
単勝人気別の統計
穴馬の見つけ方

Twitterボタン
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
recommend
京大式 推定3ハロン 〜「4角先頭馬」と「上がり最速馬」が見抜ければ競馬は勝てる!!〜 (競馬王新書)
京大式 推定3ハロン 〜「4角先頭馬」と「上がり最速馬」が見抜ければ競馬は勝てる!!〜 (競馬王新書) (JUGEMレビュー »)
久保 和功
クラス&コース別に推定3ハロン上位馬を出している点は、私の理論にも通じます。
recommend
現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書)
現役東大生偏差値80の馬券術 (競馬ベスト新書) (JUGEMレビュー »)
東大ホースメンクラブ
予想に行き詰った時に読んで、解決のヒントが浮かびました。
recommend
recommend
search this site.
others
mobile
qrcode
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM