競馬期待値とは、

オッズ×的中率で求められる数値

例)
単勝3倍の馬の的中率が、それぞれ30%,40%なら ↓
単勝馬券の期待値は、それぞれ3×0.3=0.9、3×0.4=1.2

期待値1は回収率100%に相当するので、
1以上だと買い続ければ利益が出ることになります。

このように計算式自体は単純なもの。
要は的中率さえ判れば誰でも簡単に出すことができます

要は的中率って、簡単に言うよなあ〜

走る前に的中率が判れば誰も苦労しない!

今にも、あなたのツッコみが聞こえてきそうです。

まずは冷静に(笑)

まずは私から1つ質問させてください。
Q.あなたは、買う馬券の的中率を想定して買っていますか?



恐らくほとんどの方は、
A.馬の予想で手一杯で、馬券の的中率まで思いが及ばない。
A.そんなもん判る訳ないんだから、はなから頭に無い。
A.的中すると思って買っているから、ハズレる可能性なんて考えたくない。

このように答えるのでは。

競馬ファンで自分の馬券の的中率を想定して買っている方は、ほんの一握り。
競馬ファンで勝っている方も、ほんの一握り。


冷静になって考えてみて下さい。

当たるか当たらないか判らない馬券に…
大事なお金を賭け続ける怖さを、ハズレが続く怖さを。

怖さを知り、それを乗り越えた者が、真の勇者!

競馬に例えるなら・・・
的中率を知り、それでも買いたい馬券が、買うべき馬券!です。

では買うべき馬券は、どうように見極めれば良いのでしょうか?

・ 

感情がモロに入ってしまっては見極めることができません。
感情をできるだけ排し、できるだけ客観的に見極める方法。

それは競馬期待値を出す以外にありません。
 
【誰でもデキる競馬期待値の出し方】

手順1) 想定的中率の出し方
そのレースで、一番買いたい馬(軸馬)の単勝オッズを自ら想定(予想)します。

★考え方としては ↓
あなたなら何倍が妥当だと思うか、または何倍なら単勝を買いたいと思うか。
※この際、実際のオッズは無視すること。

次に二番目に買いたい馬の単勝オッズを想定。
以下、同じように想定していきます。

これは馬券の買い方【想定的中率】でも述べた内容です。


★別の考え方としては ↓
買いたい馬の勝率から想定する方法もあります。

勝率から考える方が、より客観的に想定できる。
※馬の勝率を想定して行く中で、足して100%なので自身の矛盾に気付けます。

想定できたら、下の表を参考に的中率を調べます。
 
単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率
1.4倍以下 60 80 87
1.5 37 71 80
2.0 37 57 71
2.5 32 51 65
3.0 27 47 61
4.0 20 37 51
5.0 16 32 45
6.0 14 28 40
7.0 12 24 37
8.0 10 22 33
9.0 9 20 31
10.0 8 18 29
11〜13.0 7 16 25
14〜16.0 6 14 23
17〜19.0 4.5 11 20
20〜24.0 4 10 17
25〜29.0 3.3 7.6 13
30〜39.9 2.3 6 11
40倍以上 1.5 4 8
※JRAの9〜12レース過去5年間のデータより概算

手順2) 馬券期待値の出し方
単勝:実際の単勝オッズ×表の勝率
複勝:実際の複勝オッズ×表の複勝率
馬連:馬連オッズ×(軸馬の表の連対率×相手馬の表の連対率)

ワイド:ワイドオッズ×(軸馬〃複勝率×相手馬〃複勝率)
3連複:3連複オッズ×(軸馬〃複勝率×相手A〃複勝率×相手B〃複勝率)
3連単:3連単オッズ×(1着指名馬〃勝率×2着指名馬〃2着率×3着指名馬〃3着率)
※2着率=連対率−勝率 ※3着率=複勝率−連対率

手順3) 期待値1.4以上の馬券を買う
競馬必勝法と言えども、期待値1.2程度では利益確定までに500レース以上を要します。
(的中率50%の必勝法で200レース以上、的中率20%なら850レース以上)

また競馬に出遅れは付き物!
ご存じない方も多いと思いますが、出走馬の少なくとも16%が出遅れます。
その他、道中の致命的な不利などを考慮すると…

人の感覚で想定した的中率は ⇒ 実際には8割程度にまで落ちます。

ゆえに最低でも1.4以上の期待値が必要になる訳です。


ここがポイント
上の表は少頭数や荒れる可能性の低いレースを含んだ平均値です。
よって荒れる可能性の高いレースでは・・・

的中率は少し下がると記憶ください。

ここでは荒れる可能性の高いレースを誰でも抜き出せるよう以下の条件とします。
★出走14頭以上で、単勝9番人気オッズ÷単勝1番人気オッズが14以下のレース
(3連複万馬券率は54%以上〜平均配当も37,000円超)
 
荒れる可能性の高いレース【想定オッズ別の的中率】
単勝オッズ 勝率 連対率 複勝率
2.0 39 56 65
2.5 31 49 57
3.0 25 44 55
4.0 19 35 47
5.0 17 30 43
6.0 13 24 34
7.0 10.5 22 33
8.0 8.5 18.5 29
9.0 9.5 19.5 28
10.0 8 17 26
11〜13.0 8 15 23
14〜16.0 5 12 21
17〜19.0 4.5 10.5 18
20〜24.0 4.5 9 15
25〜29.0 3 8 13.5
30〜39.9 2.5 6.5 11
40倍以上 1 2.5 4.5
朱色:平均よりアップ
青色:平均より3.5%以上ダウン
 

最後に直近レースを例に買うべき馬券の出し方を少し解説しておきます。

基本データ:5/24の競馬予想ソフト能力表
■東京11R オークス
14頭以上も単勝9番人気オッズ÷単勝1番人気オッズは22と14以上なので、
平均値の表(最初に挙げた表)を使うことにします。

私が単勝オッズを想定するなら ↓

4番デアリングタクト 2倍 ⇒表より連対率57%
5番ホウオウピースフル 10倍 ⇒表より連対率18%
10番ミヤマザクラ 12倍 ⇒連対率16
2番クラヴァシュドール 12倍 ⇒ 〃16
13番ウーマンズハート 33倍 ⇒ 〃6
16番ウインマリリン 15倍 ⇒ 〃14
17番マルターズディオサ 28倍 ⇒ 〃7.6 
※展開&脚質を加味して想定しました。

馬連馬券の期待値を出します。
4-5 25.3倍×(0.57×0.18)=2.59
4-10 11.0倍×(0.57×0.16)=1.00
2-4 7.0倍×(0.57×0.16)=0.63
4-13 130倍×(0.57×0.06)=4.44
4-16 18.0倍×(0.57×0.14)=1.43
4-17 43倍×(0.57×0.076)=1.86

軸4流しで買うべき馬券は期待値1.4以上ある・・・ 
4-5、4-13、4-16、4-17の4点。


■京都12R
14頭以上で単勝9人気… ÷ …は5.7と14以下なので、
荒れる可能性の高いレースの表を使うことにします。

8番 6倍 ⇒ 勝率13、連対率24、複勝率34
1番 6倍 ⇒ 〃
13番 5倍 ⇒ 17、30、43
7番 12倍 ⇒ 8、15、23
6番 10倍 ⇒ 8、17、26

ここは8番テイエムチューハイが想定を超える人気薄。
期待値を出すと…
単勝 49倍×0.13=6.37
複勝 6.5〜9.5倍×0.34=2.21〜3.23
(1番も単勝が13.2倍×0.13=1.71と買うべき)

以上から8番流しの全馬券種が期待値1.4以上は確実です。
(1番流しも能力表の6番以外への流しは1.4以上)

ワンポイント)
荒れる可能性の高いレースは複勝&ワイドとも下限オッズ超えが望めます。

また軸馬の各馬券の期待値を出す事で、
まず何の馬券種を買うべきかの判断もつきます。
(迷う場合は的中率の高い馬券から…)

★競馬期待値は馬券選択の判断材料にもなる!
買いミスを防ぐ為にも、できるだけ出すように心掛けましょう〜